目立たず矯正ができる!歯の裏に器具を装着する裏側矯正

目立たないだけでなく虫歯にもなりにくい裏側矯正

裏側矯正とは

裏側矯正とは舌側矯正とも呼ばれている矯正治療で、歯の裏側に矯正器具を装着することで矯正を行うというものです。普通矯正は歯の前側に装着することが多くどうしても目立ってしまいますが、裏側に装着することで目立たずに治療を行うことができます。

目立たず矯正ができる!歯の裏に器具を装着する裏側矯正

矯正

裏側矯正のメリット

1番のメリットは人の装着していることが目立たないので、周りの人の目を気にせず治療ができます。またエナメル層の硬い裏側に装着することで、表に装着した時と違って磨き残しがあっても虫歯になりにくいのです。

裏側矯正のデメリット

表側の矯正に比べて費用が高くなります。その差はだいたい30万~50万円ほどです。また時間が立てば慣れてきますが、初めのうちは歯の裏側に装着するため食事や発音がしにくくなります。

費用と期間

裏側矯正にかかってくる費用は約110万~150万円ほどです。高度な技術が必要となってくるため表の矯正治療と比べると費用は高くなってきます。期間は程度の軽い矯正であれば約1年半で長くても3年ほどが目安です。

広告募集中